ミネラル不足は万病の元?フルボ酸でミネラル補給

「あなたはミネラルを十分摂取できていますか?」

このような質問を受けたら、あなたはなんと答えますか?ほとんどの方が、自信を持って「はい。十分に摂取できています」とは言えないのではないでしょうか。

逆にミネラルって何に含まれているの?どのような役割を果たしているの?と、うろたえてしまうのでは?

ここでは、ミネラルがどのようなものに含まれているのか・どのような役割を果たすのかのおさらいと、ミネラルを豊富に含んでいるフルボ酸という物質についてご説明していきたいと思います。

 

ミネラルについてのおさらい

ミネラルについてのおさらい

体を動かしたり、体の元を作り出すのに欠かせないのは、炭水化物・タンパク質・脂質の栄養素。

これらの栄養素が私たちの筋肉や骨などを作り出し、体を動かし、脳に栄養を与えています。

そして、体の消化や代謝を助ける栄養素が、ミネラルとビタミンです。

これら5つの栄養素が私たちの体をサポートしています。

先にあげた炭水化物やタンパク質、脂質などは普段の食事でいうと、ごはんやパン、お肉や魚、乳製品やバターなどで比較的摂取することができます。

しかし、ミネラルやビタミンが含まれているものは、緑黄色野菜やレバー、海藻、小魚などで普段の食事ではあまり摂取しないという方も多いのではないでしょうか。

特に、ミネラルは体内で合成されない栄養素であるうえに、体内で貯蔵ができないので、毎日摂取していないとすぐに体内で不足してしまいます。現代人の食事はコンビニや外食などが増えており、食事からミネラルを摂ることが難しくなってきていると言われているのです。

 

ミネラルが不足するとどうなる?

ミネラルが不足するとどうなる?

実は体に必要なミネラルの量は他の栄養素と比べると微量。しかし、不足してしまうと身体機能の維持・調整がうまく行えなくなります。

ミネラルが不足することで起こる身体症状の一例を挙げると、以下のようなものがあります。

  • 疲れやすくなる
  • むくみや冷えがひどくなる
  • 髪のハリやコシがなくなる
  • 貧血などが起こる

体にとって摂取量としては微量しか必要がないミネラルですが、不足すると健康や美容に影響が出てくるのです。

あなたは毎日の疲れが毎日取れていますか?だるさやむくみなどを感じていませんか?

もしかするとそれは、ミネラルが不足していることが原因かもしれません。

 

フルボ酸はミネラルの宝庫!

フルボ酸はミネラルの宝庫!

ミネラルが不足しがちと言われている現代人。

食事から中々ミネラルを摂取することが難しい方は、サプリメントなどでミネラルを摂取する方法があります。

しかし、市販のミネラルサプリメントは、岩や牡蠣の殻、塩などが原材料となっていることが多く、これらのミネラルは“鉱物性ミネラル”と呼ばれ長く摂取するミネラルとしては不向きと言われています。

そこで今注目されているのが、フルボ酸という物質です。

フルボ酸は、長い年月をかけて微生物が動植物などの有機物を分解・発酵を繰り返したことでできる最終生物から抽出される物質で、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいます。

フルボ酸の栄養素は全て自然由来のもの。フルボ酸に含まれているミネラルは“植物性ミネラル”と呼ばれています。フルボ酸の植物性ミネラルの吸収率の良さは、98%!鉱物性ミネラルが10%ほどの吸収率しかないのを考えると、その差は歴然です。

また、フルボ酸は体に栄養素を行き渡らせるだけでなく、体内に溜まった有害ミネラルを排出するという働きもあるため、デトックス作用も期待できるのです。

フルボ酸配合のサプリメントは他のミネラルサプリメントと比較すると値段は少し高め。

しかし、その作用や期待できる効果のことを考えると、高いだけの価値があるのではないでしょうか。

 

食事のサポートとしてフルボ酸のミネラルを摂取してみては?

食事のサポートとしてフルボ酸のミネラルを摂取

フルボ酸はミネラル不足の現代人にとって、欠かせない成分であることは間違いないようです。

しかし、サプリメントや健康食品はあくまでも普段の食事のサポート役として考えなければなりません。栄養を摂取する基本は毎日の食事です。

コンビニや外食が多いという方は、味噌汁にワカメを加えてみたり、意識して野菜や小魚を食事メニューにしてみたりといった工夫も大切ですよ!