フルボ酸で縮毛矯正のダメージを抑えることができる?フルボ酸の働きとは

今、様々な分野で注目されている「フルボ酸」。

化粧品やサプリメントにフルボ酸が配合されている商品を多く見かけるようになってきましたね。

そんなフルボ酸が、くせ毛をストレートに矯正する、縮毛矯正にも使われるようになってきたことをご存知ですか?

どうやら、フルボ酸が髪の毛や頭皮へのダメージを最小限に抑えてくれる効果が期待できるようなんです。

ここでは、フルボ酸を取り入れた縮毛矯正についてご紹介していきます。

 

縮毛矯正とは?

縮毛矯正

くせ毛の髪の毛は、表面が凸凹になっていることが多いと言われています。

縮毛矯正では、その凸凹を薬剤を使用して、溶かしていくという技術になります。

凸凹を溶かし、アイロンで髪の毛をストレートにし、再び薬剤を使用してから髪の毛がストレートの状態を維持できるようにしているのです。

縮毛矯正には多くの種類があります。使用する薬剤も違いますし、アイロンを使用しない縮毛矯正もあるのですが、仕組みとしてはほぼ同じです。

 

縮毛矯正は髪の毛に大きな負担をかける

縮毛矯正は髪の毛に大きな負担をかける

髪の凸凹の正体は、髪を構成するタンパク質である、シスチン結合です。

くせ毛の方は、このシスチン結合がずれていることによって、うねりやハネなどが生じます。

縮毛矯正は、シスチン結合のずれを直すためのものなのですが、薬液とアイロンの熱でシスチン結合を切断してしまいます。

髪を構成するタンパク質を切断するので、髪の毛や頭皮はダメージを受けてしまうのです。

また、薬剤とアイロンの熱は髪の表面のキューティクルも破壊してしまいます。

そのため、あまりにもダメージを受けた状態の髪の毛だと、縮毛矯正自体を断られることもあるそうです。

縮毛矯正は欠かせない!というくせ毛の方も多いと思うのですが、縮毛矯正は髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことは避けられないようです。

 

フルボ酸を投入することで縮毛矯正のダメージを抑えることができる?!

縮毛矯正のダメージを抑える

髪や頭皮にダメージを与えてしまう縮毛矯正。

しかし、縮毛矯正による髪や頭皮へのダメージを抑えるために、薬剤にフルボ酸エキスを投入するヘアサロンがここ最近では多くなっています。

フルボ酸のミネラルバランス作用を利用することで、頭皮や髪の毛に残った化学物質を流したり、ダメージを受けた頭皮の健やかにするようです。

また、フルボ酸には多くのミネラルやアミノ酸、ビタミンが含まれているので、薬剤や熱でダメージを受けた髪や頭皮に、それらの栄養素を補うこともできます。

 

縮毛矯正を行うときはサロン選びから始めよう!

縮毛矯正を行うときはサロン選び

フルボ酸を投入した縮毛矯正を行なっているサロンは増えてはきましたが、まだまだ取り入れていないサロンもあります。

縮毛矯正は、1度かけると継続してかけ続けたい!

という方も多いと思うのですが、髪や頭皮へのダメージを考えると、フルボ酸でしっかりとケアをしてくれるサロンを選ぶのが賢明ではないでしょうか。

通常の縮毛矯正よりお値段は高くなりますが、髪のツヤや元気を保ちたい方は、ぜひフルボ酸を使用しているサロンを選ぶようにしてくださいね。

 


 

フルボ酸トップ

フルボ酸ヘアケア商品3選(トップ記事)
フルボ酸配合のヘアケア商品は、ノンシリコンシャンプーやシリコンシャンプーの両者の良いところを兼ね備えていると言われ、美容業界でも注目を浴び人気急上昇で商品も多数。数多くあるフルボ酸商品の中からどれを選んだら良いか迷われる人も多いでしょう。そこで評判の良いフルボ酸ヘアケア商品の中から管理人が3つ厳選して紹介をします。迷われている方、是非参考にしていただければと思います。